gallery ART UNLIMITED


乃木坂にあるギャラリー・アートアンリミテッドのblogです
by artunlimited

カテゴリ:荒川修作( 34 )

死なない子供 DVD ついに発売! 

荒川修作の映画『死なない子供 荒川修作』がついにDVDとして発売されました。プレミアム・エディションは荒川修作の貴重な講演会映像やマドリン・ギンズの最新映像を収録。荒川事務所社長の本間桃世さんはじめ世界最大の荒川修作のコレクションを誇るセゾン現代美術館館長・難波英夫氏らのインタヴューも収録。巨人・アラカワの実像に迫る力作。必見です。

当社サイトからも購入可能です。 
http://artunlimited.shop-pro.jp/?pid=36906233 


f0132618_189084.jpg
by artunlimited | 2011-11-18 18:15 | 荒川修作

「砂の器」修復報告+養老天命反転地ドローイング 

荒川修作 生誕74周年記念
「砂の器」修復報告+養老天命反転地ドローイング展
7月6日(火)~8月7日(土)  
*「荒川を語る会」7月12日(月) 18:00-20:00 
会場:ギャラリー・アートアンリミテッド 

 
7月6日生れの荒川修作生誕74周年を記念し、初期の「砂の器」と養老天命反転地ドローイング展を開催いたします。「砂の器」は1960年のネオダダ第2回展に出品。2010年3月に修復を終え、国立国際美術館で50年ぶりに展示されました。東京では修復後、初の展示です。
「養老天命反転地」のための素描21点は、作家手書きのメモが随所にあり、アラカワならではの壮大な構想や奇抜なアイデア満載の興味深い作品群です。
今となっては本当に貴重な作品の数々、すでに各地から多くの方がいらしています。
ぜひこの機会にご高覧ください。 

f0132618_17503121.jpg
by artunlimited | 2010-07-16 17:53 | 荒川修作

荒川修作に感謝。



昨日荒川修作さんの訃報がNYから飛び込んできました。
まったく突然の訃報に動揺しています。
センチメンタルなのが大嫌いな荒川です。
最期の別れもいつものように「OK、Good-by!また会おう」と
手を振って気楽に去ってしまったのか。
とは言え、本当に残念で、諦めきれません。
荒川修作という存在と出会えたことは私にとって価値観を揺さぶる衝撃でした。
現存する天才と行動をともにできたことは、得がたい経験でした。
私がギャラリーをこうして開いているのも荒川修作のおかげなのです。  

アートアンリミテッドでは、国立国際美術館と京都工芸繊維大学 美術工芸資料館で開催中のふたつの展示に合わせ、荒川展を予定しておりましたが、しばらくお休みをいただき
開催させていただきます。 

みなさん、国立国際美術館と京都工芸繊維大学 美術工芸資料館で開催中のふたつの
展覧会をぜひ見てください。


f0132618_2045161.jpg
by artunlimited | 2010-05-20 20:55 | 荒川修作

AG3 関連イベント

■AG3  
アラカワ+ギンズ 国際カンファレンスの関連イベントのスケジュール
 
世界の分野を超えた研究者やクリエイターに多大な影響を与え続けるアラカワ+ギンズ
海外のアラカワ+ギンズの研究者が実際に一堂に会し、交流するシンポジウムなど続々と決定しています。盛り上がっていますね!!  

4月30日 ニューヨーク・バーナードカレッジ シンポジウム(予定)
5月1日 グッゲンハイム美術館(NY) オフライン・イベント
5月2日 バイオスクリーブ・ハウス バスツアー
5月8日 ロサンゼルス・カウンティ・ミュージアム オフライン・イベント


下記、サイトを参照してみてください。
http://ag3.griffith.edu.au/

by artunlimited | 2010-01-30 14:25 | 荒川修作

三鷹天命反転住宅 「ぶらり途中下車の旅」に


 
日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」に三鷹天命反転住宅が取り上げられます。今
回の旅人はパンツェッタ・ジローラモさん。
日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」
放映予定:1月16日(土)09:30~10:25
詳細 「ぶらり途中下車の旅」
http://www.ntv.co.jp/burari/

「死なないための葬送─荒川修作初期作品展」 国立国際美術館(大阪)
2010年4月17日(土)~6月27日(日)
http://www.nmao.go.jp/japanese/b2.html 

「アラカワ+ギンズ 天命反転プロジェクト」展(5月)
京都工芸繊維大学
(詳細は後日Upします。)

by artunlimited | 2010-01-15 20:27 | 荒川修作

荒川修作+マドリン・ギンズ 第3回 国際カンフェランス開催


来年は、荒川修作+マドリン・ギンズに関する会議、展覧会など世界でさまざまな研究の成果が発表されます。


その皮切りとして

2010年3月、荒川修作+マドリン・ギンズの国際カンフェランスが開催されます。
http://ag3.griffith.edu.au/
2010年3月12日~26日
第3回荒川修作+マドリン・ギンズ国際カンファレンスが開催されます。
2005年パリ、2008年アメリカ・ペンシルバニア、に続く3回目。世界中の荒川+ギンズ研究者が集って開催する会議も3回目を迎えます。今回は、オンライン上で世界同時の公開カンファレンスとなります。公式サイト(http://ag3.griffith.edu.au/

聴講をご希望の方は上記サイトよりご登録(すべて無料)いただければ、カンファレンスの模様をリアルタイムで閲覧、英語ですがにチャットルームで他の聴講者と会話したり、発表者にご質問いただくことができます。日本からは、早稲田大学教授・塚原史氏、東京大学教授・池上高志氏、北海道大学名誉教授・大平具彦氏など、多数参加予定です。


参加方法:
公式ホームページ内登録フォーム
http://ag3.griffith.edu.au/node/30 
よりご登録ください


4月には、国立国際美術館(大阪)で荒川修作 初期の立体作品展、
5月には、京都工芸繊維大学 美術資料館で アラカワ+ギンズの建築に関する展示が行われます。
詳細は後日UPします。

by artunlimited | 2009-12-14 15:06 | 荒川修作

三鷹天命反転住宅で ワークショップ開催

アトリエenoeno×三鷹天命反転住宅 
ワークショップ週間Vol.2開催(10月31日~11月8日) 

三鷹天命反転住宅を熟知する目黒区美術館の榎本寿紀氏(アトリエenoeno)によるワークショップが再び開催されます。 今回は、初心者jから「お泊り」コースなどの経験者向けまで幅広い対象者に向けての企画です。またもや満員になりそうですので、お申し込みはお早めに!!    

http://www.architectural-body.com/mitaka/enoeno2.html
  

by artunlimited | 2009-10-08 16:59 | 荒川修作

7/12(日)「談」編集部のトポロジカルトークセッション開催 

7月12日(日)三鷹天命反転住宅でトークセッションが行われます。 
 「脳の中の身体、身体の中の脳、そしてその融解する界面へ」
<プログラム>
セッション1[近さと経験]
河本英夫(東洋大学文学部教授/システム・デザイン)×柳澤田実(南山大学人文学部キリスト教学科准教授/哲学・倫理学、宗教学)
セッション2[私はどのように動いているのか…運動・予期・リハビリテーション]
宮本省三(高知医療学院学生部長、日本認知運動療法研究会会長/理学療法士)×河本英夫(同上)
セッション3[からだのなかにヒトが在る…動物・暴力・肉体]
稲垣正浩(21世紀スポーツ文化研究所主幹研究員)×柳澤田実(同上) 
詳細は下記を参照ください。
http://www.architectural-body.com/ja/info/koenkai/index.html<日 時> 2009年7月12日(日)13:00~
<会 場> 三鷹天命反転住宅 In Memory of Helen Keller
<入場料> 無料
<定 員> 30名 先着順(定員に達し次第締め切らせていただきます)
※この企画は学術的なトークイベントとなっております。建物見学を目的としたご参加はご遠慮下さい

by artunlimited | 2009-06-25 16:56 | 荒川修作

三鷹天命反転住宅で ワークショップ週間

◆◇アトリエenoeno×三鷹天命反転住宅 ワークショップ週間開催のお知らせ(5月30日~6月7日)◇◆
http://www.architectural-body.com/mitaka/enoeno.html
三鷹天命反転住宅では、アトリエenoenoによるワークショップが行われます。

「建築する身体の見学会」の拡張版ともいえる「身体」を中心としたさまざまなアプローチで、三鷹天命反転住宅を体験し、楽しみ、知っていただこうという主旨から、小さなお子さんから大人までお気軽にご参加いただけますよう、様々なコースをご用意しました。、夕暮れから夜にかけての時間帯を楽しむ「キャンドルナイト」コースなど、普段の見学会やワークショップではなかなか体験できないプログラムも充実しています。

講師は「建築する身体の見学会」でもナビゲーターをご担当くださっている、榎本寿紀さんです。
榎本さんは今回のワークショップ週間の間、天命反転住宅に泊り込み、ご自身も「体験入居」をしながらの開催となります。
すでに予約で埋まっているコースもありますので、お早めにご予約願います。
■企画概要
<タイトル>
アトリエ enoeno 主催ワークショップ Vol.1
「自分で自分を抱きしめる Workshop & Performance for infinite sense」

<開催日時>
2009年5月30日(土)・31日・6月6日(土)・7日(日)


<場所>
三鷹天命反転住宅

■コース案内
workshop1 初めて訪れる大人から子供のためのコース  感覚のワンダーランド
workshop2 ちょっぴりハードな上級コース infinite sense/空気に包まれて
workshop3 日没からのコース キャンドル・ナイト/夕刻の光
performance ゆっくり部屋に入る・自己免疫システムに入る・自分の身体の延長のように 

by artunlimited | 2009-05-09 19:41 | 荒川修作

荒川修作に関する著作 出版情報 

4月上旬 日本における荒川研究書が続々出版されました。 

◆◇塚原史著『荒川修作の軌跡と奇跡』出版 

ダダ・シュルレアリズムの専門とされ、荒川+ギンズの研究者としても知られる
塚原史の氏の書き下ろし、『荒川修作の軌跡と奇跡』がNTT出版より刊行。

◇『荒川修作の軌跡と奇跡』(NTT出版)
発売日:4月上旬予定
f0132618_15463191.gif

詳細NTT出版ホームページを参照願います。 
http://www.nttpub.co.jp/search/books/detail/100001962

◆◇ 北海道大学教授 大平具彦氏の荒川研究が出版されます。  
『二〇世紀アヴァンギャルドと文明の転換』 コロンブス、プリミティブアート、そして荒川へ 
著者:大平具彦  
A5判上製472頁 予定価格6500円+税
人文書院 より3月末刊行
f0132618_15471099.jpg    

こちらは長年、荒川と親交し、研究を深めてこられた北大、大平具彦教授の著書。
表紙も荒川の初期の作品です!初期作品から三鷹まで図版も数多く掲載されています。  
 
http://www.jimbunshoin.co.jp/#info  

by artunlimited | 2009-04-10 13:22 | 荒川修作


ギャラリーのホームページ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
外部リンク
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧