gallery ART UNLIMITED


乃木坂にあるギャラリー・アートアンリミテッドのblogです
by artunlimited

カテゴリ:荒川修作( 34 )

ARAKAWA at Guggenheim NY

1月30日から荒川修作の作品がニューヨーク、グッゲンハイム美術館で
The Third Mind: American Artists Contemplate Asia:1860-1989"という展覧会が
に出品されます。企画はかのアレクサンドラ・モンロー氏。
7つのセクションに分けられた展示の中、荒川+ギンズは"Buddhism and the Neo-Avant-Garde"セクションに登場、代表作である「意味のメカニズム」より
4枚点が出品される予定です。
詳細は下記をご参照ください。
 
http://www.guggenheim.org/new-york/exhibitions/upcoming/1046

by artunlimited | 2009-01-28 18:16 | 荒川修作

養老天命反転住宅がNHKで特集されます。

養老天命反転住宅がNHKで20日(土)特集されます。
荒川修作の渡米前に制作された60年代立体作品(ギャラリー・アートアンリミテッドで展示された作品!!)から最新作である三鷹天命反転住宅も放映されます。
ぜひご覧ください!!

◇NHK教育テレビ◇
「ミューズの微笑み○ときめき美術館○ FEEL#11養老天命反転地」
放映予定日:
12月20日(土)23:00~23:30 NHK教育
12月25日(木)0:45~1:15  NHK教育(再放送)
12月27日(土)5:00~5:30  NHKBS2(再放送)
http://www.nhk.or.jp/muse/index.html

荒川修作+マドリン・ギンズの公式サイト
http://www.architectural-body.com/mitaka/news/

by artunlimited | 2008-12-19 14:45 | 荒川修作

岐阜県美術館で荒川修作作品を展示します。10月31日まで! 

所蔵品による特別展示 なんでこうなるの??
岐阜県美術館
2008年 9月9日(火)~10月30日(木)
f0132618_14265847.jpg








THE MUSEUM OF FINE ARTS, GIFU
県民文化の森 岐阜県美術館

荒川 修作  
「あの/眠っている心を/動かす/道徳性のある/ヴォリューム No.2」
1974-77  油彩、アクリル、画布     
11mの大作です!! 

「裏から表へ」 1969   油彩、色鉛筆、画布   

の2点が展示されます。 
難解と言われがちな抽象絵画を わかりやすいキーワードを軸に解説つきで展覧します。ぜひ近隣の方はご高覧を!!  


http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s27213/exhibition/200809nande/nande.html

by artunlimited | 2008-09-08 11:15 | 荒川修作

各地の美術館で荒川修作作品展示中!! 

今、各地の美術館で荒川修作の作品が見られます。
企画展だけしか見ない場合が多いのですが
コレクションにこそ、その美術館の蒐集方針や研究の蓄積が表れています。
ぜひ近隣の美術館に足を運んでみてください。


☆愛知県美術館 「タイムスケープ もうひとつの時間」展
会期:2008年8月8日(金)~10月15日(日)
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/exhibition/index.html


☆東京国立近代美術館 「壁と大地の際で」展
会期:2008年8月9日(土)~10月13日(月)
http://www.momat.go.jp/Honkan/Between_the_Wall_and_the_Ground/index.html

☆目黒区美術館
「画材と素材の引き出し博物館+ワークショップ20年のドキュメント展」

目黒区美ならでは、ワークショップの実践とドキュメントの蓄積。美術教育関係者は絶対見るべし。教育関係者でなくても、見るべし。

昨年三鷹天命反転住宅で開催された「からだのワークショップ 三鷹天命反転住宅で見つける私の“からだ”」の様子が展示されています。
会期:2008年7月1日(火)~8月31日(日)
http://www.mmat.jp/


☆名古屋市美術館特別展 「版」の誘惑展
会期:2008年7月5日(土)~9月28日(日)

http://www.art-museum.city.nagoya.jp/tenrankai/2008/han_yuwaku/

by artunlimited | 2008-08-30 19:39 | 荒川修作

荒川修作 岐阜県美術館でシンポジウム開催

f0132618_18503337.jpg 6月1日岐阜県美術館(主催は岐阜現代美術館)で荒川修作を囲むシンポジウムが開催されました。第1部は荒川さんと名古屋ボストン美術館館長、馬場駿吉氏との対談、第2部では、元豊田市美副館長の青木正弘氏の司会で未来の都市と美術館の役割について、岐阜市長・細江茂光氏、岐阜県美術館館長、古川氏も加わってそれぞれの美術館や岐阜市の現状説明に加え、荒川も交えての熱い討論となった。




この日、関係者の気持ちは一様に重かった。開催前日に、元岐阜県美術館長、平光明彦氏の訃報が知らされたからである。平光氏は、地元では、その温厚なお人柄と並外れた情熱と行動力で、多くの方が慕い頼りにする方だったのだ。養老天命反転地も平光氏の存在がなければ、このように実現できていたかどうか。そもそもこのシンポジウムも平光先生の存在が、契機となって生まれたもの。荒川さん自身も大きなショックを受け、この会に臨んだ。 
結果として立場の違いはあっても皆が平光氏の遺志を継承し行動していこうという意味では、パネラー同士も何らかの共同性が生まれた会ではなかったかと思う。参加者の方たちはどのように受け止めただろうか ・・・。


平光明彦先生の姿勢に深い尊敬と感謝をこめて、心からご冥福をお祈りします。


舞台上は左、荒川修作氏、、右は馬場駿吉氏 背後の画像は荒川の著作を手にとる故・平光明彦氏。 


by artunlimited | 2008-06-03 18:54 | 荒川修作

荒川修作 岐阜県美術館のシンポジウムで講演します。 

◆◆シンポジウム「これからの都市と美術館」 (6月1日)

日 時:6月1日(日)
時 間:17:00~19:00(開場 16:30)
参加費:無 料 (当日会場に直接お越しください)
会 場:岐阜県美術館 ハイビジョンホール
〒500-8368 岐阜市宇佐4-1-22 TEL 058-271-1313

詳細はこちらをご覧ください
http://www.architectural-body.com/ja/info/koenkai/08060102/
芸術家・建築家として世界的に活躍する荒川修作氏が、養老天命反転地の建設より10余年を経て、岐阜市を来訪。これを機に、荒川修作氏をスペシャルゲストとして、シンポジウム“これからの都市と美術館”を開催いたします。
Part 1では、荒川修作氏の世界的な芸術・建築の活動を追い、Part 2では、パネラーとともに未来の都市と美術館について討論。パネラーには、政令都市化をめざす岐阜市長・細江茂光氏、医師であり、美術評論家としても活躍する名古屋ボストン美術館館長の馬場駿吉氏、岐阜市在住で豊田市美術館の前副館長・青木正弘氏、岐阜県美術館長の古川秀昭氏をお迎えいたします。

by artunlimited | 2008-05-27 14:21 | 荒川修作

荒川修作 出版記念 で5月はトーク、講演会、盛りだくさんです。

◆◆『三鷹天命反転住宅ーヘレン・ケラーのために』・『建築する身体[新版]』出版記念
  トークセッション Vol.8 「荒川修作に聞く 天命反転のその後」(5月24日)

日 時: 5月24日(土) 14:00~
場 所: 三鷹天命反転住宅
講 師: 荒川修作
参加費:2500円 (募集人数:先着30名)
荒川修作と三鷹天命反転住宅の室内で語り合おう!
今回は実際に三鷹天命反転住宅にお住まいの方が実体験を踏まえて質問をし、荒川修作自らが答え、三鷹天命反転住宅の使用法のつづきをつくろう!という主旨の会をいたします。
トークセッションにご参加いただく皆様にも荒川修作へのご質問を公募します。

◆◆第55回日本病跡学会総会 特別講演Ⅰ
  荒川修作 「天命反転-New Science of Life」(5月23日)

日 時:5月23日(金)
時 間:16:30~
講演会は「ホモ・エクササイズ―生き抜くことへの賛歌」上映にひきつづき行われます
会 場 :東洋大学 井上円了ホール(5号館地下2階、正門中央建物)
http://www.toyo.ac.jp/campus/hakusan_map.html聴講料:1000円

by artunlimited | 2008-05-16 18:14 | 荒川修作

荒川修作 NYにバイオスクリーブハウス  NY Timesで特集! 

f0132618_20171751.jpg三鷹天命反転住宅に続く荒川+ギンズの最新作 バイオスクリーブハウスがNYのイ-ストハンプトンに完成しました。
New York Timesに大きくBioscleave Houseの取材記事が掲載され、
ビデオ画像でアラカワ+ギンズが話す音声もあります。
ぜひ一度、覗いてみてください。 


http://www.nytimes.com/2008/04/03/garden/03destiny.html?ex=1207886400&en=1e40eaeedb21c359&ei=5070 

☆出版情報
『三鷹天命反転住宅』 -ヘレン・ケラーのために  発行:水声社 定価:5000円(外税)
              写真:中野正貴 ほか 
『建築する身体』 改定版                 発効;春秋社 定価:1800円(外税)
  
by artunlimited | 2008-04-09 14:40 | 荒川修作

荒川修作 毎日新聞に展評が掲載されました。

3月5日(水)毎日新聞 朝刊の文化欄に今回の展覧会の展評が掲載されました。毎日新聞のサイトでも記事が閲覧できますのでぜひ、ご一読http://mainichi.jp/enta/art/archive/news/2008/03/20080312ddm014040144000c.htmlを!! 





日本経済新聞 3月8日(土)朝刊のコラム「交友抄」で塚原史氏が 「ダダイスト」として荒川修作との交友を執筆されました。

by artunlimited | 2008-03-13 02:04 | 荒川修作

荒川修作「60年代立体作品展」朝日新聞に記事が掲載されました。

3月5日(水) 朝日新聞夕刊に今回の展覧会が紹介されました。
下記のサイトで記事を読むことができます。
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200803050181.html

by artunlimited | 2008-03-06 15:57 | 荒川修作


ギャラリーのホームページ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧