gallery ART UNLIMITED


乃木坂にあるギャラリー・アートアンリミテッドのblogです
by artunlimited

<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

齋藤芽生展もいよいよ最終週です。

いよいよ齋藤芽生展のpart2も土曜で終わりですよ。
6月7日(土)のトークは満員御礼。斉藤さんは、学生時代、どのように自分のスタイルを見出して行ったかなどを、詳しく自作の前で語りました。美術評論家・峯村敏明氏も、「今日、僕はたまたまこの日に来たわけじゃない。齋藤芽生のトークを聞くためにあえて今日来たのだ」と語り、美術批評とは何かという大命題についてまで語ってくれました!福音館書店の元編集者の福井氏、イラストレーションの吉田さんも参加、充実したトークとなりました。参加のみなさん、立ったまま1時間以上、お疲れ様でした。
この日、画廊主は風邪でぼんやり、デジカメの充電切れで画像なし。すみませーん!! 
f0132618_20155939.jpg






















齋藤芽生 「百花一言絶句」   インスタレーション
これらの作品の原画は斉藤さんが、大学1-2年の頃、一日一言、言葉を選び、花を生けるように毎日一枚絵を描くことを自分に課 して描いた連作のほんの一部をコピー、ラミネートして今回インスタレーション的に展示したもので原画そのものではありません。実際には200枚余りの原画が存在。

撮影:中野正貴 

by artunlimited | 2008-06-23 20:30 | 齋藤芽生

若手作家の展覧会情報

昨年、YJP展で取上げた若手二人の展覧会が同時期に開催されます。ぜひご高覧ください。

7月5日(土)-7月27日(日) 
The  Gift  高倉吉規  
東京ワンダーサイト本郷 
会館時間:11:00-19:00(最終入場30分前まで) 
月曜休館祝日の場合は火曜 
オープニングイベント 16:00-17:00 
交流会  17:00-19:00 
http://www.tokyo-ws.org/hongo/index.html

f0132618_14184667.jpg

by artunlimited | 2008-06-23 14:21 | ギャラリー・ニュース

吉澤美香作品がエッセイ集『不機嫌の椅子』の表紙に

f0132618_1758328.jpg 
吉澤美香作品も本の表紙に!使用されました。


『不機嫌の椅子』エッセイ集 日本文芸家協会編 光村図書出版  2100円(税込) 

by artunlimited | 2008-06-21 17:59 | 吉澤美香

中野正貴作品が雑誌 『WEDGE』の表紙を飾ります。

f0132618_1635147.jpghttp://www.wedge.co.jp/
雑誌『WEDGE』がリニューアルし、7月号から中野正貴の作品が表紙に連載されることになりました。新幹線のKIOSKやグリーン車で見かけるあの雑誌です。大型ポスターも掲示中。ぜひ駅で見かけたら買ってください!! 400円(税込)です。
7月号は『東京窓景』から 人気の高い東京タワーの見える窓の作品です。

by artunlimited | 2008-06-19 16:09 | 中野正貴

中野正貴が中野で6月21日にトークをします。

日本写真芸術専門学校でトークをします。

■ 第1回 中野正貴(写真家)
■ 聞き手:鳥原学(写真研究者)
■ 日 時:6月21日(土) 12:30開場/13:00〜14:30
■ 会 場:Space&cafe ポレポレ坐Space & cafeポレポレ坐
     (JR東中野駅前/東京都中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐ビル1F TEL 03-3227-1405)
ポレポレタイムス社 http://www.ne.jp/asahi/polepole/times/polepole/

■ 参加費:1回につき500円 *高校生は無料(学生証の提示)
■ 予 約・お問い合わせ:TEL/03-3770-5586 
www.npi.ac.jp/blog/information/event/2008/06/post_53.html

by artunlimited | 2008-06-12 20:49 | 中野正貴

日経新聞、サンケイ新聞に TOKYO FLOAT書評掲載

f0132618_1692767.jpg東京を撮らせたら中野正貴というほど、定着しはじめた中野正貴の東京シリーズ第3弾『TOKYO FLOAT』の書評が、5月25日サンケイ新聞、6月8日日経新聞の書評欄に掲載されました。  



船上からの視点が都市のあり方にまで問題を投げかける中野の最新作、ぜひ手にとってご覧ください。当社サイト SHOPにて作家サイン本をお求めいただけます!! 
作家は今日まで中国出張中です。 

by artunlimited | 2008-06-09 16:13 | 中野正貴

小泉晋弥氏に齋藤芽生論を執筆いただきました。 

齋藤芽生のpart2展示に合わせて、茨城大学教授、五浦美術文化研究所所長 小泉晋弥氏に齋藤芽生論をご執筆いただきました。「連鎖を求める巡礼ー齋藤芽生の絵画」 
下記からご覧いただけます。ただし、無断での転用、転載はお断りします。
(C)Shinya KOIZUMI  &Art Unlomited.co.,Ltd   
http://www.artunlimited.co.jp/koizumimeo.pdf

by artunlimited | 2008-06-05 16:22 | ギャラリー・ニュース

荒川修作 岐阜県美術館でシンポジウム開催

f0132618_18503337.jpg 6月1日岐阜県美術館(主催は岐阜現代美術館)で荒川修作を囲むシンポジウムが開催されました。第1部は荒川さんと名古屋ボストン美術館館長、馬場駿吉氏との対談、第2部では、元豊田市美副館長の青木正弘氏の司会で未来の都市と美術館の役割について、岐阜市長・細江茂光氏、岐阜県美術館館長、古川氏も加わってそれぞれの美術館や岐阜市の現状説明に加え、荒川も交えての熱い討論となった。




この日、関係者の気持ちは一様に重かった。開催前日に、元岐阜県美術館長、平光明彦氏の訃報が知らされたからである。平光氏は、地元では、その温厚なお人柄と並外れた情熱と行動力で、多くの方が慕い頼りにする方だったのだ。養老天命反転地も平光氏の存在がなければ、このように実現できていたかどうか。そもそもこのシンポジウムも平光先生の存在が、契機となって生まれたもの。荒川さん自身も大きなショックを受け、この会に臨んだ。 
結果として立場の違いはあっても皆が平光氏の遺志を継承し行動していこうという意味では、パネラー同士も何らかの共同性が生まれた会ではなかったかと思う。参加者の方たちはどのように受け止めただろうか ・・・。


平光明彦先生の姿勢に深い尊敬と感謝をこめて、心からご冥福をお祈りします。


舞台上は左、荒川修作氏、、右は馬場駿吉氏 背後の画像は荒川の著作を手にとる故・平光明彦氏。 


by artunlimited | 2008-06-03 18:54 | 荒川修作


ギャラリーのホームページ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧